林田英子 なげいれ花十二ヶ月教室
「日々、咲く花」 蕗の薹 2/28 更新
2021・春季 (今年度の新規の方は、6月始まり) 受講ご希望の方は→こちら.
2/28
.
三椏・榧 |  いずれもお持ちになりました。

三椏は、楮・雁皮と並び、古くからの和紙の原材料の一つ。お札にも三椏が使われているそうです。





山茱萸・貝母 |  貝母をたくさんお持ちになりました。





山茱萸・松・蕗の薹・貝母





四手辛夷・蕗の薹・榧・笹 |  榧・笹をお持ちになりました。





春蘭 |  お持ちになりました。





梅・貝母 |  淡い薄桃色の梅、お持ちになりました。





黒椿





桃・菜の花 

桜・雪柳・貝母・蕗の薹 |  桜、お持ちになりました。

サクランボの剪定の際に出た枝とのこと。山形の生産地の方から送られてきたそうです。
一つ一つの素材を吟味 厳選して食の提案をなさっている料理家の方です。



藪椿・木五倍子 |  藪椿をお持ちになりました。一枝の藪椿です。

お庭の草木を毎回豊かにお持ちになります。




 紫陽花・蕗の薹・山茱萸 |  紫陽花・蕗の薹、お持ちになりました。


四手辛夷・山茱萸・木苺 |  木苺、お持ちになりました。 







2/21



貝母・青葛藤
アオツヅラフジ、お持ちになりました。






雪割草・蕗の薹・仏の座
全てお持ちになりました。





井の許草・山茱萸・河柳・豌豆・苔木





松・井の許草・貝母
井の許草、お持ちになりました。

年末、教室のお稽古用に多くの松、槇をご用意して1月のお稽古に備えていたのですが
1,2月の休講により、わずかを残すだけにして、他は鋏を入れざるを得ませんでした。
その残しておいた松(上・下)です。





福寿草、突抜忍冬・松

福寿草は、当日 花長さんで家用に鉢を求められたものでしたが、私が「松と合わせてみたら…」と余計なお声かけしたものですから、こうなりました。
ただ福寿草は切ることをせずに、器を汚さぬよう手当てをして、丸ごと入っています。そうしたことがササっと呑み込める方なので話は即座に進みます。突抜忍冬は庭で育てておられるものです。
I さんは、花育が更にお上手になられて、お持ちになるものも種類が年々増えておられます。
以前は、寒菊の葉が赤い照葉にならない、半夏生の葉が.花期に白くならない…といったお声をずっと聞いていたのですが、今はもうそんなことはありません。
照葉には寒暖の差が大きく影響しますが、いろいろな試行錯誤をされて花育を進めておられます。





辛子菜・鬼田平子・松
辛子菜、鬼田平子、お持ちになりました。




   
木瓜 ・南天





川柳・羊歯・万作 | 木の根っこと、羊歯をお持ちになりました。

万作・柳・蕗・豌豆 

白椿 |  花びらが傷つかぬよう…お持ちになっていました。

水仙・豌豆 | 水仙、球根ごとお持ちになりました。

菜花 | お持ちになりました。 根洗いした真白な主根が美しい。
 
雪柳





1,2月の休講の振替対応は次の通りです。
 2/21 更新     (振替日)  
1/15  金C 休講 調整済み  
1/16  土C 休講 5/1土 10:30-14:00  
1/16  土D 休講 調整済み
1/22  金E 初級 休講 4/2 15:00-18:00 振替日・変更しました。2/5 
1/23  土E 休講 調整中  
1/23  土F 休講 調整済み  
1/29  金G 初級 休講  3/12 15:00-18:00  
1/30  土G 休講  調整済み  
1/30  土H 休講  調整済み  
2/5  金A 休講 4/30 11:00-15:00  ←2/6 告示。
2/6 土A 休講  調整済み  
2/6 土B 初級 休講  調整済み  
2/12  金C 休講 調整中  
2/13  土C 休講 10/30 10:30-14:00  ←2/21 告示。 
2/13  土D 休講 調整中   



top



(C)2012 林田英子 なげいれ花十二ヶ月 教室 All rights reserved