Album 28 林田英子教室  十人十色 なげいれ花十二ヶ月 2019/4


異形の花

4月に入ると武蔵鐙ムサシアブミ(左)、蝮草マムシグサ(中央・上)、雪餅草ユキモチソウ(中央・下)、浦島草ウラシマソウ(右)などのテンナンショウ属の仲間が登場してきます。
稽古場でも、数人の方がタイミングが合えばお持ちになります。これほどの姿ですから、1人称でいける以外、その日の稽古場で 即、お相手探し…となると、思案します。



武蔵鐙・雪笹   
<時代 古銅広口瓶>


<ますらをぶり>の武蔵鐙

<青銅末広花入 中川浄益作>

蝮草・菫・烏野豌豆  <古瀬戸破れ瓶子>


<たをやめぶり>の雪餅草

<須恵器 鈴杯>

浦島草・風鈴苧環 (今年) |<ガラス華瓶 瀬沼健太郎作>

この上の写真の浦島草は、ベランダで育てておられるとのこと。
「ベランダにこの人が居ると、薄暗くなった頃などは
ちょっと怖くないですか?」と思わず聞いてしまいました。
用心棒に一役かってくれているのかもしれません。
今年は可憐なピンクの風鈴苧環を嫁がせました。
浦島草の気持ちを聞いてみたいです。


浦島草・雪笹






八手・蛇苺  <時代 仏器>

八手
 ヤツデ



普段見かける常緑の低木。
八つの手が人を招くとされ、縁起がいい庭木として植えられています。
←左の八手を見た時、歳月によるその尋常でない変貌のさまに、とても驚きました。
からだは歪み、冷え枯れ、ここまでの極みに至った一つの凄さ…
人間のの「老い」に重ねて見てしまいます。




八手 (花芽) <弥生土器>

八角連 ハッカクレン



八角連は、ツヤツヤとして厚みがある大きな葉形。
鈴を付けたかのように、深紅の花が数輪咲きます。
おばあさまが培われたお庭からお持ちになりました。
溌溂としたご本人を映したかのような
すくすくのびやかに育った草木花を、毎回連れてみえます。





八角連・諸葛菜 <常滑大平鉢>



今回は、<特異な人たち>だけのの集まりになってしまいましたので
最後はその濃厚な空気を、春の名残りの軽みある花でしめくくります。


末枯れ松・二輪草・風鈴苧環

<須恵器小壺>


←27  |  29→



(C)2012 林田英子 なげいれ花十二ヶ月 教室 All rights reserved