Album 38 林田英子教室  十人十色 なげいれ花十二ヶ月 2019/9-10-11


末枯れゆく草木の詩情
秋の草木は、人の晩年にあたります。「秋の花は泣けてくるほどに-心入れ深く」と。師の教えです。

 
隈笹・椎・烏瓜

茶の木・鬼灯・薄

檜・薄・上臈杜鵑草・令法  





[ 薄 四季一生 ]

夏は、茎も葉も細い<糸薄>を、涼やかさを与える名脇役として用いますが
<薄>の花穂が開き、天高く生い立つ秋たけなわには、薄は主役の時を迎えます。
深秋、薄の葉が鮮やかな黄や深紅に色づいたものは、実に美しいものです。
そして、厳冬に立ち枯れて佇む<枯れ尾花>。
いずれの季も趣深く、「草」の王者と言われる所以を、いけるごとに感じます。


花梨・薄・蓮の果托  10.19

末枯れ薄 11.2

 
右の写真は、今秋、お稽古でご用意した薄を上手に末枯れさせて、11月の「晩秋」の稽古にお持ちになりました。
末枯れは草木花の「いのちの終の姿」です。美しい姿に成るには、人間と同じくなかなかに難しいものです。
 



 
薄・女郎花・笹  8.24
薄のこと

8月下旬の秋草の稽古から薄を使い始めます。毎年思うことですが
花長さんがご用意してくださる<美しい薄>無くしては、
日本の秋の風趣をいけることは適わない-くらいに薄は重要事項です。
茎の細さ、弧を描く葉の綺麗さ、穂の様々な表情、
全てが吟味されての薄です。




薄・狗尾草 10.4







 晩秋の景



 松・白菊に枯れ薄



11.17
 



 晩秋の景

   一叢の枯れ薄



11.16





蓮の葉・葦

稲・縞葦

狗尾草・薄




←37
  |  39→




(C)2012 林田英子 なげいれ花十二ヶ月 教室 All rights reserved