Album 43 林田英子教室  十人十色 なげいれ花十二ヶ月 2019/12


「花育」 を通じて —

稽古場では、皆さん様々なものをお持ちにな
り、
お庭やベランダで草木花を育てて稽古に臨まれる方 多くいらっしゃいます。
今回は お二人の 「 稲 / 葛 」  と  「 棉 」 のお話です。



稲  稲穂・ 白玉椿  2019.11   Oさんの稽古時の花)
」のこと O.yasuko さんのお話

 ←(左写真 )ご自分で今年育ててお持ちになった<稲>です。
稲を束ねた紐。こちらもご自身が<葛>から生成された<葛苧
くずお>とのことです。
きれいに束ねられた稲束から手に伝わる感触は温かく、神聖なものを手にする心持ちになりました。
それはそれは美しい稲でした。俗な手を加えることは憚れました。
そのまま、そのまま…荘りたくく思いました。
草木花と向き合う時には、その真性にインスパイアされること大事です。
稲をお持ちになったのは、神職に携わる方でした。

「花拝見」の後は稲穂の束をほどき、クラスメートの皆さんに「どうぞ」と分けてくださいました。
令和元年収穫の稲穂は、それぞれの方の心に届いたと思います。

稲 早苗 | 古銅花入 2013.5 
  




 
稲をお持ちになった
  さんのお話

稲を育てるにあたり、昔ながらの手作業稲作りを学ぶため
地元の自然保存会に参加して、田おこしからお手伝いし、
種を蒔き、そこで育てた苗を自宅に持ち帰って
ポリ容器に移して育てました。

(写真3点 O さん提供)



育てる-いける

日本人にとって<草木花と向き合う>ことは
自然にある「聖性」への気付きだと思っています。

自身の花の稽古場でも大事に思うことの一つです。

 


葛苧|葛布

Oさんが 稲穂を束ねた<葛苧くずお>は
他県の自然布保存活動のワークショップに参加され、
体験実習にて制作しました-と。
右写真の右側がその葛苧。左側が葛苧で織った葛布です。
織りの前段階の葛苧ですが
艶があり美しいですね。輝いています。

材料は秋の七草の<葛>。葛の蔓を採取し、
気が遠くなるほどのいくつもの手作業の工程を経て 
<葛苧>づくりが成され、そこから糸づくりして、
<葛布>が織られます。


 

Oさんから伺った一冊の本のご紹介。
別冊 太陽 「日本の布 原始布探訪」
監修 北村哲郎 写真 藤森 武

(古書・平成元年 発行)
この本は、二千年来変わることのない技法で伝わる古代布の探訪録です。各地の葛布、藤布、榀布、太布、大麻布、苧麻布、芭蕉布、それら作業工程の一つ一つの写真は、1977~1989に亘っての取材写真。作業に従事するく人々の働く姿の美しさに感動しました。
※以下、「原始布探訪 巻頭・見出しから
『まだ、木綿や絹がこの世につくりだされる遥かむかしから、わたしたち祖先は山野に自生する草や木の皮から糸を紡ぎ、布を織りだしていた。樹木の堅い皮を剥ぐ力仕事にはじまって、寝ずの番で皮の繊維を煮たり、寒中の水にさらしたり、野良仕事で硬くなった指先で、細くしなやかな糸に紡ぎ、機を織る-辛苦で根気のいるこの作業は、ずべて女たちがやってきた。(略)』





葛をいける →




葛の花  2019.8

稽古場でも、「 葛 」をお持ちになります。
葛は葉も大きく、茎も硬く奔放な線なので
姿を安定させる為のバランスを
上手くとりながらいけます。

葛の葉・鬼灯・烏瓜  2018.11
K.yuki
さん

葛の葉と蔓 | 須恵器高坏  2016.11
S.makotoさん
葛の虫食い葉・河原撫子  2018.8
K.yukiさん






のこと     さんのお話

  」 をいける —    (左と中央  I .michieさんの稽古時の花)

棉  2019.8.24 | 古銅花入

棉 ・ 雄山火口  2019.9.21 | 備前瓢形花入 金重晃介 作

棉・宿り木  2013.12 | 弥生土器




種から育てて、開花(夏)→青い実(秋)→白い綿と
それぞれの時季にお持ちになって棉をいけられる I さん。
棉はその時々に魅力的で、夏から初冬まで楽しむことが出来ます。
花材として育てるのであれば、間隔を詰めてプランターで育てた方が
大きくなり過ぎず、扱い易いサイズになると思います。
一番右の写真は、10月の台風19号で倒れてしまったものを
来年の種用に刈り取って吊るしている状態です。
とのこと。
I さんは、10年以上お稽古を続けておられる方で
花育が暮らしに根付いておられるご様子。嬉しく思っています。
そのほかに<挿し木>もいろいろ試みておられ
当然のことながら成功もあれば失敗もありで、
お庭には育たなかった鉢に園芸用のラベルが
まるで墓標のように立っているそうです。


稽古場では12月に花材として棉をご用意しますが、
その綿の中に種があるので、それを蒔くことで棉を育てられます。
難しく考えず、まずは種を蒔いてみては-と話しています。

(写真3点  I さん提供)
クリーム色の棉の花 

色づく葉も魅力的です。

緑色の実。そして真白な綿が!




  「」 をいける —2
     
棉・梅の古木  | 中国白磁壺  2017
樹皮が大きく剥がれた古木と棉。
   棉・寒菊 |  曽呂利  2017
自然にほどけた棉の中に、種が透けて見えます。
 棉・水仙 | 曽呂利  2019
水仙の別名は雪中花。
開き始めの初な水仙を足元に。






←42  | 44




(C)2012 林田英子 なげいれ花十二ヶ月 教室 All rights reserved